りりーの競馬

Twitter:@lily245000 単勝が一番好き。

ダービー

予想してて一番ワクワクする瞬間のダービーです。今回の枠順見て買いたいなーって思ってた馬は外枠に追いやられるしで全くわかんない。

去年のレースを見直したりしてアドミラブルは本当に強いと思いました。そんなアドミラブルですら届かない8枠、となりの7枠に今回馬券に絡めるような馬がいるとは思えないのでそこらへんは素直に全消しします。ステルヴィオとかジェネラーレウーノとかワグネリアンとか本当は買いたいんですけどね…。特にジェネラーレウーノはダービー目標のローテで皐月賞は叩きと思ってたのに残ってしまうくらいなのでめっちゃ買いたいです。

 

◎ダノンプレミアム

エポカドーロ

注ステイフーリッシュ

注ブラストワンピース

注キタノコマンドール

 

ダノンプレミアム

1枠1番、無敗、先行から最速でまとめられる脚質、何を取っても強いとしか言えない今期最強牡馬。皐月を回避して弥生から直行になったのと距離が不安視されてるのがネック。FSであんなにガンガンハイペースで攻めていって最速でまとめられるし1枠1番だしで距離は持つでしょう。正直消す要素が全くない頭にしない人でも絶対に抑えなければいけない1頭。

 

エポカドーロ

何故皐月がフロック視されてるのか理解できない。たしかにいい位置にはいたがそれだけであそこまで着差を広げることはできない。最後それなりの脚を使ってるところは評価できるし

 

ステイフーリッシュ

この馬は良くも悪くもパドック次第。激減してたら切ればいいし維持微増くらいなら買う。前走見て成長を感じたし新馬戦から強いと思ってた馬なので。

 

ブラストワンピース

調教後体重539kgってでかすぎるでしょ。成長分あったとしても大きすぎるから正直怖い。ただここ3戦の内容は確かに強いし陣営だけでなくデムーロまでもが吹いてるので注意して見ています。

 

キタノコマンドール

皐月賞追い込み勢で1頭買うとしたらこれしかいなかった(ワグネリアン、ステルヴィオが外枠のため)。デムーロが乗ってるし皐月賞は大外外回ってよく伸びてるのはまあまあ評価。買うかは気分次第、多分買わない。

 

オウケンムーンとか期待してたんだけど皐月があまりにひどすぎる。グレイルは内ならわんちゃん。ゴーフォザサミットは青葉賞からなので、というか青葉賞はあんまり評価していないが。

枠で消した馬たちが来たら本当に後悔するけど今回はこれでいきます。

エポカドーロ、がんばれ。

オークス

◎アーモンドアイ

○ラッキーライラック

▲リリーノーブル

△トーセンブレス

カンタービレ

△パイオニアバイオ

抑サトノワルキューレ

 

アーモンドアイ

語ることは何もない桜花賞馬。個人的に1600-2000mの馬と思っているのですがこの時期なら能力だけで2400mも勝てると踏んでます。前走の上がりは1秒も他の馬より早くまだまだ能力を出し切っていないと見ており、最後方待機しすぎなければ馬券内は安泰かなと。

 

ラッキーライラック

桜花賞で負けてしまったがこの馬も2400mに伸びたほうが力を出せそう。桜花賞は厳しい流れの中先行から抜け出してあわや押し切れそうといったところ。1枠2番というのもラッキーライラックにとっては追い風であり対抗。

 

リリーノーブル

どんどん成長してきている馬。桜花賞も4着以下と大きく離しているところをみても世代トップクラスの馬。ただラッキーライラックには全敗していて逆転できる可能性は少ない。

 

トーセンブレス

JFも桜花賞も4着ですがいい上がりで突っ込んでくる。同タイプのアーモンドアイにはどうあがいても勝てないことが前走ではっきりした。もうちょっと前目に付けれたらいいのかなとは思うが善臣にそれができるかどうか。枠はもっと外が欲しかったが4番を活かして立ち回ってほしい。

 

カンタービレ

先行で粘りを見せれば3着はありそう。フラワーカップ勝利からの参戦だが人気がないので連下として最適かな。

 

イオニアバイオ

前走差しの展開と思ってる中粘り込みの2着に価値を感じた。

 

サトノワルキューレ

正直めちゃくちゃ強いと思ってる。けど調教が走れていないのと前走のあの追いきり、体重が減り続けている点が気になってしまう。抑えておくといいかもしれないが…。

 

色々述べましたけどオークスは好きな馬を買うレースだと思ってるので一番思い入れのあるラッキーライラック単勝かっておわりです。

ヴィクトリアマイル

◎アエロリット

◯ミスパンテール

レーヌミノル

△ジュールポレール

☆リエノテソーロ

 

アエロリットが作る速い流れに対応出来そうなメンバーを選んだ。

アエロリット

持ちタイムが早い、中山記念で牡馬に対してのあの走りなど2000未満を走るなら牝馬でトップクラスの馬。前走の体重が大きく増加していることからも成長が感じられる。このレースでこの馬はよっぽどじゃないと負けないだろう。

 

ミスパンテール

現在4連勝中の最も勢いのある馬。牝馬の連勝の勢いは馬鹿にできない。馬自体強くどんなレース展開にも対応できるのが魅力。

 

レーヌミノル

マイルCSで牡馬相手に4着の大健闘。その後2戦の調子はいまいちだが…。正直マイル阪神C走るまで適距離は1400って思ってたけど間違いなく1600。なんか落としてるし押さえておきます。

 

ジュールポレール

去年の3着、休み明けは走らないイメージ。2戦目のここはきっちり仕上がって激走するのでは。マイルも適距離なのもプラス。

 

リエノテソーロ

馬柱眺めてアエロリットとこいつが並んでると某レースが頭に浮かぶ。

NHKマイル2着なのにダート使ったりチグハグなレース選択してる。芝マイルはまあまあ走ってるしNHKマイルの持ち時計もいいので一応。

NHKマイルカップ他

先週ずーっと応援してたレインボーラインが勝利して感動しました。怪我も骨折ではなく軽度のものみたいなので安心です。

 

先週から6週連続G1が始まり今週はNHKマイルカップになります。個人的な感想ですが、1.マイル戦が好き。2.ここ数年の中でもハイレベルなメンバー。ということで注目しています。

私はアーリントン>ニュージランドTとみており、注目してる馬はもちろんタワーオブロンドン。

朝日杯FGで負けたダノンやステルヴィオといった強豪がいないし頭一つ抜けてると思います。今のところ1600m未満がベスト距離なのは周知の事実であり、ルメールの言う通りにリラックスして走れるかが肝。前走1600mということで舐めて様子見してたのですが最後の末脚で驚きました。重戦車のごとく効果音をつけるならドドドドって言ったところでしょう。東京であの走りができるならまず勝ち負けかなと。

次はプリモシーンとテトラドラクマ。私は未勝利の時からプリモシーン>テトラドラクマと見てるので今回もこの評価でいきます。テトラドラクマには負けてませんし前走は完全に騎乗ミスです。それでいてこの評価なら全然あり。おそらく東京マイルではベストのパフォーマンスが出せます。正直テトラドラクマフェアリーSは不可解。ですが前走の1000m57.8で同位置にいた馬を突き放してるところを見ると能力の高さが伺えます。負かしたマウレアも次走から好走してますしね。

あとはアーリントン組のパクスアメリカーナとレッドヴェイロンを加えて5頭で勝負です。

三連単買うならNZT組からはカツジだけ、あとは不気味なギベオンを加えらば良さそう。

ケイアイノーテックは朝日杯4着と実力馬だけど使いすぎ減りすぎでここは手を出しにくい、ルーカスは流石になんかしないよね?

 

京都新聞杯

そんな強くないのにいつも人気するタニノフランケルがいるので配当を狙いたいレース。

個人的にはステイフーリッシュを推してるんですが立て直せたかどうか不安が大きい。

あとは前走のパフォーマンス見てよかったフランツとサトノフェイバー。

フランツ-ステイ、サトノがいいかもしない。

 

新潟大賞典

期待を込めてトリオンフ。

G2馬とはいえローカルにきた7歳に勝てないようじゃこの先はない。

今日のニュースと桜花賞

ダノンプレミアム皐月賞回避

ラッキーライラック1枠1番

 

ほんと闇すぎないですか??

正直ダノンプレミアムがいない皐月賞面白みに欠けますね。ステルヴィオかオウケンムーンが個人的に気になる。

 

桜花賞について

1枠1番は桜花賞においてはかなり難しい枠。強い馬でも全然取りこぼす可能性あると思う。

ラッキーライラックはチューリップの内容を見ても間違いなく世代トップの実力がある。JFより大きな差でマウレアとリリーノーブルを突き放して確信。リリーノーブルは仕上げが甘かったと言われたりしますけどそれはラッキーライラックも同じことでありよっぽどじゃない限り枠だけで逆転は考え辛い。

相手筆頭はアーモンドアイ。枠も外だし余計なこと考えずに大外回すだけで上位だと思う。時点でプリモシーン。今人気ないけどなんでなんだろうか。ただこの二頭は1月から走ってないのがネック。

残りの気になる馬はフィニフティ、Mデムーロ、トーセンブレス、スカーレットカラー。

前者から2戦目であの内容は強い、G1、文鎮乗ってあの成績、前走は良さが出ていない。

 

買い目

不安要素満載圧倒的人気のラッキーライラック頭にしても旨味少ないので2か3着付で。

馬単

アーモンドアイ、プリモシーン-ラッキーライラック

三連単

アーモンドアイ、プリモシーン1着で他ちょろちょろ

 

最後に

トーセンブレスって善臣乗ってなかったら絶対もっと勝ててるよね。

以上です。

 

皐月賞と桜花賞

皐月賞はダノンプレミアム、怪我とかしない限り逆転は不可能。

200%くらいの仕上げをしてきた馬がいるなら可能性なくはないかもしれないけどそんな馬はいないだろう。

 

桜花賞

ラッキーライラックがさらに強くなって帰ってきた。本命で良さそう。

今年のシンザン記念は弱い馬ばかりだったが余裕も余裕の勝利だったアーモンドアイ、フェアリー勝者のプリモシーンとハイペース先行押し切りテトラドラクマ

アーモンドアイに関しては体質イマイチなんで桜花賞スキップしてオークス目指したローテできて欲しいな。

弥生とチューリップ

クラシックに向けての超重要トライアルの弥生とチューリップ賞

今回は正直上位陣の強さが際立っててまぐれがおきにくそうだなって印象が強い。

 

弥生賞

ダノンプレミアム

ワグネリアン

サンリヴァル

オブセッション

リビーリング(着狙いなら?)

 

やはり朝日杯で圧倒的な競馬をしたダノンプレミアムから。先行から抜け出して上がり最速でまとめる。G1であんなに強い競馬をした馬が弱いわけがない、本命。

ワグネリアンに関しては強い馬が出てきすぎて忘れかけられてるけど新馬のヘンリーとのたたき合いは圧巻。スローもハイペースもこなす自在性。ダノンプレミアムと2強。

オブセッションは気性しだい、普通に3番手評価。サンリヴァルは面白い。リビーリングはハッピーグリンが強すぎてよくわからない。着狙いなら3着あるかもね。

 

チューリップ賞

ラッキーライラック

リリーノーブル

スカーレットカラー

 

このレースは阪神JFが強いレース。ラッキーライラックは上がりも早いし能力はやはり高い。早熟でないことを祈るだけ。リリーノーブルに関してはあの不利なローテを物ともせず2着、1番の成長株と思ってるので逆転まである。

スカーレットカラーに関してはあのオッズで買えるのは前走まだと思ってたので嬉しい。後ろからスイスイっと抜けて2着に来たのはやはり力のある証拠。ここでも2.3に付けて買いたい。

他に気になる馬はサラキア、あとはJF3着のマウレア。マウレアは前走であんまり力ついてない印象を受けたので低めの評価に。